読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手のひらで踊る。

インターネットでの出会いを中心にかきなぐる独り言。

ネットでの出会いで絶対に必要な、たった一つの基本。

こんな記事を見つけてきてしまった、出会い系に登録してマッチングしてもメッセージが続かないみんな、はろー。

続かない理由が、「自分には話術とか話題がないから…」とか思っちゃってないかい?それは半分正解で、半分不正解なんだよ。わかるかな?

基本的に大切なことはただ一つ、そこについて今回は書きなぐっちゃうよー。

最初から会おうと思って声をかけてない?

そんなこと思いながら声をかけちゃダメだよ!そんなの会えるわけないよ!Why Japanese People!?状態ですわ。何事にもステップはあって、最初からゴールだけ見てても何もうまくいかないのは仕事だってそうだよね?

よっぽどのイケメンであればね、違うかもしれない。でもさ、僕を含めこの記事を読んでるみんなは普通な感じだと思う。そんな僕らが近道なんて出来るはずないんだよ!登録するだけで女性から声がかかるような人は、ネットで出会い求めないだろうしね。

でも大丈夫、基本的なことだけ意識すれば僕らだって戦えるんだ。

 

一番需要があるのは「話を聞いてあげたいくん」

ネットに生息している女性に一番多いのが、話し相手が欲しかったり話を聞いてほしい人。そして、男女ともに自分のことを話したがる人が多いんだよね。

例えば自分の長所が「趣味」だったとすると、その話題になった時に自分のことを話したくなっちゃうよね、アピールしたいよね、しょうがない人間だもの。でもそこはぐっと我慢して、相手の話を引き出してあげる会話ができるよう心がける、ただそれだけで最も需要がある「話を聞いてあげたいくん」になることができる!簡単でしょ?

別に最初からうまくできなくていいんだよ、そういう気持ちを持って女の子と接していけば必ず滲み出てくるから。何も意識していないところからだと、結構難しいかもしてない。だけど明確にどうなればいいかがわかるだけで、ゴールに近づきやすくなると思う。

 

結局は相手を思いやることが大切

最終的にここに尽きるわけです、思いやりの部分。最初から会いたい、ヤりたいってもう自分の欲求で相手の何かはそこに何もない。それでもいいかもしれないけど、人と人との間なんだからなんか悲しくない?

相手が何を求めているかとか、そういうのを解決してやっと自分の欲求を解決してもらえるんじゃないかな?と僕は思うです。

そういうのって話術とかだけではばれちゃったりするからね。逆に話術なんかなくても伝わることも多いよ、たぶん。まぁ世の中的に足りてない部分でもあると思うからしょうがないんだけど、できる人が少数派な時点でできたら勝ち組!これは意識するしかないでしょう。

 

実践すれば、相手から動いてくれる

ではこの思いやりの部分、「話を聞いてあげたいくん」を実践するとどうなるか?そう、相手から行動してくれるんです、これマジで。

出会い系サービスなら連絡先を聞かれたり、すでに何かしらで連絡とっているならアポられたり。そうでない子も多いだろうけど、それでも相手から行動してくれる確率が高くなるのは確か!この子はこっちから誘わなきゃなーとかは見極める必要はあるけどね。

実際に出会うためにとか、打率を上げるために必要なことはもっとたくさんあるけど、本当の基礎の基礎はここ、ここができないと結果的に女の子を悲しませちゃう。それでいいのかい?男性諸君!どうせならwin-winの関係がいいじゃない。

 

できてる人は無意識にでもできてる、できてない人は全くできてない、そんな基礎の基礎の話

一度見直してみては??

広告を非表示にする